読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

home sweet home...

liccaといいます。趣味に没頭する生活が一変、田舎の長男に嫁ぎました。家事苦手、料理修業中。2児母。ワーママ、現在育休中。

旦那との考え方の違いについて考える

旦那と私は物事に対しての考え方がだいぶ異なる。
もちろん似ている部分もあるのだけども、理解し難いことも多い。

旦那には以前から、私が邦画にあまり興味がないこと、やくざが出てきたり暴力のシーンが多い映画は見たくないことは伝えてきた(つもりだった)。
が、しかし、邦画大好き、やくざもの大好きの旦那は、本日もまたそれ系の邦画を見ようと言い出した。

その映画にははっきり言って興味ないが、旦那の好きなものだからとりあえず見てみようかと思い、見てみる。

やっぱり楽しくない…(;´д`)

旦那はきっと、自分に絶対の自信があるのだ。
俺が好きなものに間違いはない。つまり、私がその映画を見ても楽しいと思うはずだ、さらには、この良さがわからないなんてお前は変だ、と考えているのだろう。

私には、「自分の好きなもの」=「旦那も好きなもの」という考え方はできない。
本当は、自分の好きなものを旦那にもっと知ってほしいし興味を持ってもらえたら嬉しい。しかしもし拒否されたらと思うと、安易におすすめだなんて、怖くて言えなくなってしまう。

それならお互いに干渉せず、それぞれの時間を楽しんだほうが良いのだが。困ったことに、私は1人で過ごすよりも旦那と過ごす時間のほうが好きだ。だが、この暴力的な映画を一緒にみるのは、正直、つらいのである。

まったくもって、私はわがままである。
頭ではわかっているつもりなのだが。気持ちはすぐにはついていかない。

そんなジレンマと今日も戦いながら、一日を終える。

なにやってんだか、私。