読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

home sweet home...

liccaといいます。趣味に没頭する生活が一変、田舎の長男に嫁ぎました。家事苦手、料理修業中。2児母。ワーママ、現在育休中。

39週6日。旦那に殺意を覚える。

妊婦健診に行ってきました。

頭は下がってきてないけど、子宮口はグリグリをして4センチほど開いたらしい。

先生から「今日か明日には産まれるかも」と言われました。

旦那にもその件を伝えました。

数時間後に旦那から電話が。

「俺さ、今日飲み会だったんだわ。行ってきてもいい?」

それを聞いた時、悔しいと同時に悲しくなりました。

旦那が出産に対してどれだけ軽く考えているかを思い知らされました。

産むのは私。痛い思いするのは私。不安なのは私だけ。つわりに苦しんだのも旦那ではなく私だけ。妊娠出産で仕事を休むのも私。週末、旦那は1人で趣味に出かけ帰りは22時頃なのに大きなお腹で上の子を公園に連れて行くのは私。

 

旦那の母親に電話してやろうかと思った。

「おたくのバカ息子は妻の出産より飲み会が大事だそうですよ。」って言ってやりたかった。

旦那は親離れできてないし義母も子離れできていない。こいつらと一緒にいるとイライラする。

 

今日の出来事のあと、不覚にも涙が出てきた。

今日のことだけではなく、今までの、いろんなことを思い出して悲しくなった。

それが一気に押し寄せて、泣いてしまった。

こんなバカなやつが出産に立ち会いしたところで何も変わらない。

1人でいい。別に、大丈夫だ。

あんなバカはいなくていい。

強くなってやる。