読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

home sweet home...

liccaといいます。趣味に没頭する生活が一変、田舎の長男に嫁ぎました。家事苦手、料理修業中。2児母。ワーママ、現在育休中。

40週2日 出産の記録と記憶。②

分娩台に乗ったのが16時くらい。

いきむ練習のためなのか?「陣痛がきたら力入れていいよ」と言われるが、足が震えてまったく力が入らなかった。まだベッドはフラットだし。ベッドの両脇に柵があってそれを持てと言われるけど、届かねぇし。ベッド平らだから。

 

破水はしていたようだが高位破水のためか、人工破膜するとのこと。

このとき、担当の助産師さんがベテラン風助産師さんから、若めの助産師さんになった。

どうやら夜勤の人員に入れ替わったらしい。

若めの助産師さんがガウンを着はじめている。滅菌グローブ装着。

真っ平らだった分娩台が、分娩スタイルにチェンジする。

私は身体がめっちゃ硬いから足を無理やり開かれるのにビビってたけど、開脚は大丈夫そう。

 

破膜するために産道に手を入れられる。

痛いし気持ち悪い_| ̄|○

お腹も痛いし、指を入れているところも痛い。吐きそうな胃の気持ち悪さに加え、指が入ってしかも下痢しそうな下腹部も気持ち悪い。最低の気分。

しかもまだ頭が下がりきっていないせいか、「遠いですね…」と言われる。破膜できなかったようだ。私がちゃんといきむことができれば、きっと近くなるに違いない。3回目くらいのいきみでようやく破膜成功。

ベテラン風助産師さんがまだ近くにいてくれて、「これでもうすぐ会えるよ!」と元気づけてくれた。

まだうまくいきめない。いきみかたが思い出せない。

若めの助産師さんとの呼吸があわない(;ω;)

 

ここでまさかの、導尿する宣言される。

導尿開始。

「無理!!痛い痛い痛い!!!」と、ここで一番叫んだかもしれない…_| ̄|○

日勤スタッフが数名、「大丈夫?手伝うよ」と入ってくる。

もう泣きそうだった。泣いてたかも。

 

導尿がなんとか終わった。

その後はひたすら、陣痛に合わせていきんだ。

私は一回深呼吸したらいきみたいのに、若めの助産師さんは二回深呼吸させてからいきませる。タイミングがあわねぇ…!

ベテラン風助産師さんに分娩介助してほしかった…。

産道に指突っ込まれたままなのが非常に気持ち悪い!!

陣痛がない間も突っ込まれてる。痛い!

陣痛がくると痛みで吐きそうになる。

そしていきむとゲロ出そうになる。

「気持ち悪い!」と言うと、旦那がここぞとばかりに私の顔面にガーグルベースを押し当てる。

いきんでるときは便まで出そうになる。

すごい低い声でいきんでる自分がいた。

こんな姿を旦那に見られるのは嫌だった。

どんな顔して見てるんだろ、分娩室に入ってから、私は旦那の顔をほとんど見てない。

 

痛いよーって何回言っただろ…

痛みに弱いな自分。。

日勤の助産師さんたち数名が入ってくれて、先生も到着し、私と旦那を含め、分娩室は7人くらいになった。

「いきむときは何もしゃべっちゃダメ」と何度も怒られる。すみません…。

 

「もういいよ、深呼吸して。吸って、はいて!」

「下を見て」

赤ちゃんの頭が見えた。

が、ここからがまたつらかった。

肩が出ない。(;ω;)

若めの助産師さんがベテラン風助産師さん2人に囲まれ、あれやこれや言われている。

頼む〜早く出してくれー!!

結構長いこと引っかかっていた。

私は再度、ここで泣きそうだった。もう、痛すぎて。

痛い、痛い、助けてください、とか言った気がする。

若めの助産師さんを恨みそうになる。

(誰か代わってやってくれ!)と言いそうになった。それくらい私も必死…。

 

16時28分、出生。

声をあげて泣いている。

産道にはさまってた時間が少しながかったせいか、顔面が若干青黒い…ごめんね、苦しかったね…。

お顔をしっかり見た。

上の子に、よく似ている。

身体はまだ胎脂がついている。

紙ごしではあるが、私の身体の上に赤ちゃんを乗せてくれる。ほんの数十秒ではあったけど。

小さい。かわいいな。

赤ちゃんは隣の部屋へ連れていかれ、きれいにされる様子が分娩室のモニターに映し出された。

私はそれをぼーっとながめていた。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

1人目出産時は必死だったから、ほとんど何も覚えてない。

それが悔しかったから今回は思い出に残るお産をしたいとバースプランに書いた。

が、2回目の出産もやっぱり必死だった。

でも、前回よりは出産直後の赤ちゃんのことをよく覚えている。

とくに肩が引っかかってマタの間に挟まってるシーンとか、目に焼き付いてるし。笑

 

赤ちゃんの体重は3200gを超えていた。

エコーでは2900gだったのに…。

頭も肩もでかいから引っかかるわけだわ。

前回よりも今回のほうが痛かった気がする。

前回は今回よりも300g小さかったから、その差だろうか?

 

前回は胎盤がなかなか出てこず、用手剥離となりすごく痛かった思い出があるのだが、今回は結構すんなりはがれた!

でも若めの助産師さんや先生が代わるがわる、収縮し始めているお腹を押しながら胎盤を引っ張るから、激痛ではあったけど。

さらに残りがないか確認するとのことで、お腹押しながら膣から子宮に手を突っ込まれる。死にそうに痛い。

ドロドロと血が流れ出てる感じがする。さらにグリグリとお腹を押され…まさかの便も少量出てしまうという…失態や…_| ̄|○泣きたい。。

 

今回、会陰切開はしなかったようだ。

少し裂けてしまったので、局所麻酔をして3針ほど縫った。これも痛いっつーの。

 

点滴は子宮を収縮させる薬剤が入ったものに切り替わっており、後陣痛がスタート。

痛いことばっかりだわ…。

 

出産後、何度か血圧を測られる。

上は110〜120台だけど、下が70〜90台と高いことがあった。

前回、産後2日目に妊娠高血圧症候群と診断されたため、今回も大事をとって、点滴ルートはキープしたままになった。ご飯は塩分8gの制限が設けられた。

 

本日日勤だったベテラン風助産師さんは記録とかやりつつ、「じゃあねぇ〜」と帰っていった。

若めの助産師さん、分娩介助はイマイチだったけど、態度や話し方はとても丁寧で好感を持てた。

 

分娩台の上で身体を拭いてくれ、着替えをしたあと、授乳をさせてくれた。

産まれたばかりなのに、上手に吸ってくれる!

わずかな時間だったけどとても嬉しかった。

 

旦那にも再度入室してもらい、3人で写真撮影をしてもらった。

私の顔は疲れ果て死人のようだったが、1人目のときよりも少しだけマシな写真だった。

旦那は仕事に戻り、私は分娩室で少し休む。

腹が痛すぎて眠れなかった。

1人目のときよりはるかに痛い、後陣痛。

しかし、子宮収縮薬剤入りの点滴が終わると、痛みは少し和らいだ。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

出産後2時間が経過したため、車椅子で部屋に戻る。

夕飯を持ってきてくれるが、まだ気持ち悪いし後陣痛の痛さでほとんど食べられなかった。

旦那が上の子を連れて面会に来てくれた。

助産師さんが赤ちゃんも連れて来てくれて、上の子は赤ちゃんと初めての対面!

最初はそっけない感じだったけど、「赤ちゃん」「泣いてるよ」「赤ちゃんかわいかったねぇ」と言ってくれた。赤ちゃんのほっぺをさわったり、おでこにキスしようとしたり。笑

なんとも微笑ましい!

 

旦那もここ1ヶ月近く気を張っていたようで(出産に立ち会えるよう、彼なりに仕事を工夫してくれてたみたい)、さらに夜中に陣痛がきてもいいよに臨月入ってからは禁酒もしてくれていた。

なんだかんだ、協力してくれていた。

「帰ってビール飲も」と言い、病院を去って行った。

 

私は後陣痛のせいなのか、ハイテンションのせいなのか、なかなか寝付けなかった。

明日から授乳が始まる。

新しい生活が始まった。